ロゴ:Stroly
株式会社Stroly

News Release

東映太秦映画村 × 映画「カツベン!」ロケ地マップを Strolyで公開しました

スマホで映画ロケ地巡り!
東映太秦映画村 × 映画「カツベン!」ロケ地マップを
Strolyで公開しました

 

 

20191207_カツベン!× 太秦映画村マップ1

 

20191207_カツベン!×太秦映画村マップ_2

URL:https://m.stroly.com/eigamura/i#1531121473

 

2019年12月13日公開の映画「カツベン!」ロケ地の一つとなった東映太秦映画村と共同で、実際に撮影が行われた場所を巡ることのできる「東映太秦映画村 × 映画『カツベン!』ロケ地マップ」を公開しました。

 

東映太秦映画村内の「カツベン!」が撮影された各ポイントに設置されているQRコードをスマホで読み込むと、劇中のワンシーンの動画やスチール写真、撮影時のメイキング画像などがエピソードとともに紹介されます。実際に撮影が行われた場所で、「カツベン!」の世界を体験することができる企画となっています。

 

Strolyでは、ロケ地マップなどのイラストマップも、オリジナルのデザインのままでオンライン化することができ、GPSによる位置情報の表示や、ランドマーク情報(写真やエピソードなど)の追加といったオンラインならではの機能をプラスすることで、よりよいユーザー体験を提供します。今後も同様の企画への応用を展望に入れています。

 

■映画「カツベン!」について

一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。

 

■東映京都スタジオ 東映太秦映画村について

東映太秦映画村は、日本ではじめて時代劇撮影を見学し、時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて体験できるテーマパークとして1975年に誕生しました。これまでに6,000万人を超えるお客様にご支持をいただいております。

所在地    〒616-8586 京都市右京区太秦東蜂岡町10番地
ホームページ http://www.toei-eigamura.com

 

プレスリリース

Page Top